ヒューマンビジネスイノベーション

語学グローバル教育 2019/09/12 【現場レポート】

日本の文化も体験できるHAJL「サマープログラム」に
今年は香港理工大学から30名が参加!

ヒューマンアカデミー日本語学校(以下、HAJL)は、2019年7月15日(月・祝)~8月4日(日)の3週間にわたり、香港理工大学の学生・卒業生に向け、日本語学習と文化体験ができる「サマープログラム」を実施し、総勢30名が参加しました。その様子をレポートします。


本プログラムは、2017年度実施の「サマープログラム(10日間の日本語学習+文化体験)」に個人の受講生としてご参加いただいた香港理工大学の教授より、ご自身が大学で指導する学生30名を帯同させる形でカスタマイズした夏季短期プログラムのご依頼をいただき、今回の実施に至りました。

プログラムでは、月曜日から金曜日までの午前中に3時間、レベル別の日本語レッスンを受け、午後からは、寿司作りやマンガ・イラスト体験、着物着付け体験などの日本文化を体験します。
単なる日本語学習にとどまらず、総合学園ヒューマンアカデミーの授業コンテンツ(マンガ・イラスト)や、校外での課外活動(着付、華道等)も組み込んだ、日本語と日本文化を一緒に学べる複合的な内容です。

日本語レッスンでは、初級、中級、上級の3つのレベルに分かれて行ないます。日本語の読み書きはもちろん、コミュニケーションを重視したレッスンになっており、中級クラスでは、設定されたテーマについて自分たちで調べた内容を、パソコンでプレゼンテーションする授業が3回にわたって行われました。

中級クラスを担当している講師からは、「みなさん日本語の理解度が高く、学習当初からの上達スピードが速い。自分たちで特定のテーマを調べてまとめプレゼンテーションを行う授業では、その完成度も高く、回数を重ねるごとにクオリティが上がっている」との感想が寄せられました。

初級クラスでは、日本語を使ってコミュニケーションができることを目指します

▲初級クラスでは、日本語を使ってコミュニケーションができることを目指します

中級クラスでは、香港独自の日をホワイトボードに書いて全員で話し合いました

▲中級クラスでは、香港独自の日をホワイトボードに書いて全員で話し合いました

午前中の日本語レッスンを終え、午後からは、華道や着物の着付け体験、歌舞伎見学や、総合学園ヒューマンアカデミーでのマンガ・イラスト体験など、日本の文化に実際に触れる経験をしました。

華道の講師指導のもと、参加者全員で華道を体験

▲華道の講師指導のもと、参加者全員で華道を体験

総合学園ヒューマンアカデミー東京校でマンガ・イラスト体験

▲総合学園ヒューマンアカデミー東京校でマンガ・イラスト体験

和食・懐石料理の「がんこ 銀座一丁目店」では、「寿司作り」を体験しました。
最初に、全員でお揃いのはっぴを着て準備。寿司の歴史が描かれた紙芝居を見て、基礎知識を勉強します。
続いて職人が鯛を3枚におろすデモンストレーションを見学したのち、海苔巻き作りに挑戦。職人のお手本を見たあと、きゅうりとマグロの2種類を作りました。
そしていよいよ、にぎり寿司の体験です。職人の方から丁寧に手順を教えてもらいながら、にぎり寿司を作ってみるものの、実際に作るとなると案外難しいようです。無事に完成して自分で作ったお寿司を食べて、学生たちも大満足でした。

参加者全員で寿司作り体験

▲参加者全員で寿司作り体験

寿司作りを体験した学生からは、「初めて作ったので楽しかった」「師匠が教え始めたら魚のカットがすごかった!」「寿司作りの時に、ご飯の上に魚を置くだけだと思っていたけど、たくさんのステップがあることを知った」「いい体験だった」という感想が寄せられ、体験を心底楽しめたようでした。最後に、学生一人ひとりに卒業証書と記念品授与が行われ、サマープログラムは終了しました。

今回のサマープログラム参加者に参加のきっかけを聞いてみたところ、「日本のアニメが好き。日本の文化を体験してみたかった」といった声も多くあり、香港理工大学の学生らが日本に髙い関心を寄せていることが伺えました。
また、参加されたみなさんの満足度も高く、「楽しかった」「来年も参加したい」という多くの声が聞かれました。

ヒューマンアカデミーでは、今後もニーズに合わせたサービスの開発と提供に取り組みます。

■香港理工大学大学(The Hong Kong Polytechnic University)
<公式サイト>
https://www.polyu.edu.hk/web/en/home/index.html
https://www.polyu.edu.hk/web/sc/home/index.html

■HAJL「サマープログラム」について
・約10日間の日本語学習&文化体験プログラムで、団体・個人を問わず申し込みが可能
・ヒューマンアカデミー日本語学校の30年以上にわたる豊富な日本語教育実績をもとにした「日本語+α」のレッスン
・1日約3時間の集中的な語学学習を通じて、実践的に使える日本語のコミュニケーション力を強化
・午後は、マンガ・イラスト、声優、華道・茶道、着物着付け、寿司作り、歌舞伎などの日本文化を体験・見学

■ヒューマンアカデミー日本語学校について
1987年に大阪で開校以来、外国人を対象とした日本語教育機関として、30年以上にわたり日本の大学や大学院、専門学校といった高等教育機関への進学を目指す留学生を支援し、これまで数千名の卒業生を輩出しています。また、企業のグローバル化に伴い増加する外国人社員の定着をはかるため、ビジネスマナーや企業文化の理解や働くための心構えなど、日本語コミュニケーションをブラッシュアップさせる企業研修なども手掛けており、各社より高い評価を得ています。
https://hajl.athuman.com/

※2019年7月に取材した内容に基づき、記事を作成しています。

ヒューマンビジネスイノベーション一覧へ戻る