ヒューマンビジネスイノベーション

美容・生活 2019/04/11 【現場レポート】

春色ネイルで高齢者に元気を!
介護施設で“笑顔を咲かせる”春の出張ネイル

2019年3月中旬、ヒューマンライフケアが運営するデイサービス施設「ヒューマンライフケアあいぞめの湯」(東京・練馬区)で、ネイルサロンダッシングディバのネイリストによる出張ネイルサービスが行われました。桜の開花が近づくこの時期を、ご利用者様に晴れやかな気持ちで迎えてもらおうと、春らしい色を使ったネイル施術(マニキュアでのカラーリング)やハンドマッサージが行われました。

「どうしよう、孫がびっくりしちゃう!」笑顔と喜びの声が咲き誇る

「こんなのやったことないわ」と初めてのネイルに顔がほころぶご利用者様

▲「こんなのやったことないわ」と初めてのネイルに顔がほころぶご利用者様

「あいぞめの湯」のご利用者様のほとんどが、ネイルの施術は初めてです。「緊張するわね」「私の手は汚いから恥ずかしい」という声が上がるなか、ネイリストたちはさすがプロ。ご利用者様に優しく声をかけながら、和やかな雰囲気でネイルがスタートしました。

冒頭こそ緊張していたご利用者様も、みるみるうちにきれいな色に施されていく爪を見て、自然と笑顔が溢れ出しました。「すごくきれいな色ね」「どうしよう、孫がびっくりしちゃう!」と、いたるところで喜びの声が上がります。
83歳の女性は、福島県の農家出身。「ずっと百姓をしてきたから、こんなの人生で初めて」と恥ずかしそうにしながらも、「若返ったみたい」と表情を緩めます。春らしいピンク色のネイルを施した70歳の女性は、「これでお出かけに行きたいわ」と声を弾ませました。春の訪れを感じるなか、ネイルを通して心が一層晴れやかになったようでした。

ご利用者様は施術を受けながら、ネイリストたちとの会話にも花を咲かせます。薄い紫色のネイルを選んだ84歳の女性は、「紫が大好き。母が好きな色だったの」と目を細めて思い出を語りました。
施術を終えた後も、互いに美しく彩られた爪を見せ合い、満面の笑みを浮かべます。「あいぞめの湯」は瞬く間に笑顔と活気に溢れていきました。

ネイルを見せ合いながらご利用者様同士も話が弾みました

▲ネイルを見せ合いながらご利用者様同士も話が弾みました

ネイルサービスとコミュニケーションで気持ちが元気に!

今回のヒューマンライフケアとダッシングディバ協働の取り組みは、数年前から行われています。日頃ネイルサロンを訪れることが難しいヒューマンライフケアのご利用者様に、きれいな指先を楽しんでいただくと同時に、ネイリストやご利用者様同士のコミュニケーションを通して明るい気持ちになっていただきたいという想いで、年に1回程度開催しています。ご利用者様からは「またやってもらいたい」と、毎回好評をいただいているイベントです。

「あいぞめの湯」をはじめ4つの介護施設を管轄するヒューマンライフケアの太田将裕ブロック長は、ネイルサービスを通して、ご利用者様のめざましい変化を感じたと言います。

「表情がどんどん明るくなって、元気になっているなというのが分かりました。今日は体調がふるわず横になっていたご利用者様も、施術を受けた皆さんの様子を見て『やりたい!』と言って。施術後はレクリエーションにも参加していました。ネイルサービスを受けて、気持ちが元気になったんだと思います」

ご利用者様の嬉しそうな表情に、ネイリストも施設スタッフも元気をもらいます

▲ご利用者様の嬉しそうな表情に、ネイリストも施設スタッフも元気をもらいます

「あいぞめの湯」では、さまざまなイベントを通して外部の方と交流する機会を設けています。

「例えばミュージックバンドの方々に演奏に来ていただくのも人気ですが、こうしたイベントは"多対多"の交流がほとんど。今回のような"一対一"でじっくりとコミュニケーションを取る機会はなかなかなく、ご利用者様はネイリストとの会話も楽しまれているなと感じました」

"お客様に喜んでいただく"という原点に返る

この取り組みはネイリストの育成においても大きな役割を担っています。
今回参加したネイリスト4名全員が、初めての体験でした。「こんなに感謝されるとは思わなかったのでとても嬉しいです!いくつになっても、キレイになりたい気持ちや、初めてネイルをした喜びの反応は変わらないですね」と、ご利用者様の喜ぶ姿に嬉しさをにじませました。

普段のネイルサービスでも70代~80代のお客様に接することが多く、「いつも元気をいただいている」と話す鈴木

▲普段のネイルサービスでも70代~80代のお客様に接することが多く、
「いつも元気をいただいている」と話す鈴木

ダッシングディバひばりが丘店の鈴木美緒店長は、以前から介護施設でのネイルサービスに関心がありました。
「今回こういった機会があると聞いて『やりたい!』と手を挙げました。実はプライベートでも、自分の祖母にネイルを施してあげているんです。今回参加することを祖母に伝えたら、『ご利用者さんは絶対喜ぶわよ!』と言われました。皆様本当にお元気で、楽しかったですね」

ダッシングディバでネイリストの技術指導などを担当する元井恵講師は、本取り組みについてこう語ります。
「このような取り組みは、新人ネイリストの経験としてももちろん良いですし、キャリアを積んだ中堅ネイリストや店長にも参加してもらいたい。純粋に"ネイルをしてお客様に喜んでいただく"ことの喜びや感動、仕事のやりがいを再認識し、原点に返ることができる貴重な機会だと思うからです。ぜひ今後も続けていきたいです」

後日ご利用者様から届いた、ダッシングディバへのお礼の色紙

▲後日ご利用者様から届いた、ダッシングディバへのお礼の色紙

グループ各社の協働で、新たな『Stand by you』を実現

ヒューマングループは"人と社会にしっかりと寄り添い、お役に立ちたい"という想いのもと、キーメッセージに『Stand by you』を掲げています。事業や業界の垣根を越えた今回のようなイベントは、多様な事業を展開するヒューマングループならではの取り組みです。グループ各社の協働によって、より多くのお客様に寄り添い、あらゆる側面から社会に貢献することで『Stand by you』の最大化を目指しています。
こうした活動で新たに得た感動や喜びを原動力に、今後も『Stand by you』の実現に向けたさまざまな活動を続けてまいります。

ネイルサロン ダッシングディバのウェブサイトはこちら:https://www.dashingdiva.co.jp/

ヒューマンライフケアのウェブサイトはこちら:https://kaigo.human-lifecare.jp/

※2019年3月に取材した内容に基づき、記事を作成しています。肩書き・役職等は取材時のものとなります。

ヒューマンビジネスイノベーション一覧へ戻る