ヒューマンビジネスイノベーション

その他 2018/06/05 【人生波瀾万丈】

養育費も保証!ゼロからイチをつくる企業の転換点とは。
株式会社イントラスト 桑原豊社長

ラジオNIKKEI
『企業トップが語る!人生波瀾万丈』

企業トップはどのような想いで会社を経営しているのか―。企業トップの生い立ちや人となり、人生哲学をインタビューで解き明かすラジオ番組『企業トップが語る!人生波瀾万丈』(ヒューマンホールディングス提供)がラジオNIKKEIで好評放送中です。

2018年5月31日(木)の放送では、総合保証サービスを手掛ける株式会社イントラスト、桑原豊社長が登場。理系科目が好きだった学生時代から、損害保険会社に就職した理由、起業やビジネスモデル変革の経緯などを伺いました。また、保証会社として初となる養育費保証サービスについて、その誕生のきっかけや詳細を語っていただきました。番組の一部をご紹介します!

株式会社イントラスト 桑原豊社長

ー 大学卒業後、損害保険会社に就職されたのはなぜですか。

桑原社長 損保というのは、「こういう職種の方としか付き合えない」ということがなく、あらゆる職業の方、あらゆる年齢の方ともお付き合いできると、ある先輩から聞きました。これは非常にすそ野が広くて、面白そうな仕事だなと。営業職で入りまして、いろんな企業さんとの提携とか、比較的新しいことをやらせていただきました。僕にとっては刺激になりましたし、勉強になったと思っています。

ー 今のビジネスモデルに変革したきっかけは。

桑原社長 創業して3年目くらいでしょうか。非常に資金繰りで困った時期がありました。当時は、契約が上がれば上がるほど、資金需要が高まっていくというビジネスモデルだったわけですから、契約を上げても、それを立て替えるお金がついてこない、と非常に資金繰りに困りました。夜も眠れない日もありましたし、資金調達のために各銀行に走り回って、頭を下げた時期もありました。ただ、このままだとビジネスの成長はどこかで止まってしまうことが、まざまざと見えていましたので、そこで大きくビジネスモデルを変えて、銀行系の収納代行会社と接触し、当社の商品をガラッと変えました。つまり、カード会社が我々に代わって、代弁済もしくは立て替え払いをしていただくというモデルに変えました。

ー 御社にとって人とは?

桑原社長 月並みな表現になってしまうかもしれませんが、心の底から思っているのは、社員、人は財産ですね。商材だとか、ビジネスモデルは、環境や時代が変化したら消えてなくなってしまうものも多いと思うんですが、その時に、柔軟に順応できる人がその会社の中にどれだけたくさんいるか、ということが大事だと思います。本当に人と言うのは財産であり、企業の礎だと思いますね。

イントラスト 桑原豊社長の放送回は こちらでお聞きいただけます。

ラジオNIKKEI「企業トップが語る!人生波瀾万丈」

人を育て社会に送り出すヒューマンホールディングスが提供する、企業トップのインタビュー番組。パーソナリティーに「相場の福の神」のニックネームで個人投資家に人気の高い藤本誠之氏を迎え、上場企業のトップの経営手法や人生哲学に迫ります。毎週木曜日の16時半~17時(※再放送は毎週土曜日9時〜9時30分)に好評オンエア中。ラジオNIKKEI第1(地上波ラジオ)のほか、ラジコ(radiko.jp)やポッドキャスト、インターネットオンデマンドでもお聞きいただけます。

ウェブサイト:http://www.radionikkei.jp/banjo/

ヒューマンビジネスイノベーション一覧へ戻る