ニュースリリース

  • 2020/06/26

「ヒューマンアカデミー」 Zoomオンライン特別講演を7月2日(木)に開催 シリーズ累計26万部突破『最高の休息法』著者・久賀谷亮氏が語る コロナ禍で話題の「脳科学とマインドフルネス」

 ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:川上 輝之、以下「当社」)は、『最高の休息法』の著者である久賀谷亮氏を招き、「脳科学とマインドフルネス」をテーマとしたオンライン特別講演を7月2日(木)に開催します。久賀谷氏は脳科学や薬物療法の研究分野では、2年連続で「Lustman Award」(米国・イェール大学精神医学関連の学術賞)、「NARSAD Young Investigator Grant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞している、脳科学とマインドフルネスの第一人者です。なお、本特別講演は久賀谷氏が自院を構える米国・ロサンゼルスからの生中継となりますが、Zoomを使ったオンライン特別講演のため、ご自宅で受講が可能です。
 
【本件のポイント】
●コロナ禍で話題になっている「マインドフルネス」について26万部を突破する著書を持つ講師によるオンライン特別講演を開催
●Zoomを使ったオンライン形式の特別講演のため、自宅で受講でき、後日録画映像での視聴も可能
●マインドフルネスの「理論」を学ぶだけではなく、実際にマインドフルネスの「体験」ができることが特長
 
【本件の概要】
本特別講演では、『最高の休息法』の著者である久賀谷氏が、コロナ禍で疲弊した脳を癒すため、「脳科学とマインドフルネス」というテーマで講演します。久賀谷氏はアメリカ神経精神医学会認定医としてロサンゼルスに自院を構える、脳科学とマインドフルネスの第一人者です。
 
 久賀谷氏は、著書『最高の休息法』の中で、「脳は『何もしない』でも、勝手に疲れていく」と指摘。その理由として、脳が意識的な活動をしていないときにも働くベースライン活動である「DMN(デフォルト・モード・ネットワーク)」が、脳の消費エネルギーの60%~80%を占めていることを挙げ、「真の休息」のためにはDMNの活動を抑える脳構造をつくる必要性があると説いています。その上で、「『脳の休息法』を手に入れることこそが、集中力やパフォーマンスを高める最短ルートになる」と、マインドフルネスの重要性を強調しています。
 
 今回の特別講演では、こうしたマインドフルネスに関する「理論」だけではなく、実際にマインドフルネスを「体験」することもできます。そのため、主な対象者として、「忙しさに流されてストレスを感じている方」や「自分のパフォーマンスを上げたい方」、「生きづらさを感じている方」などにとって有益な特別講演になると想定しています。
 
なお、特別講演はロサンゼルスからの生中継ですが、Zoomを使ったオンライン特別講演のため、ご自宅で受講が可能です。また、予約された方に限り、開催後(1週間程度を予定)、映像で視聴することもできます。
 
 
【本件の概要】
開催日時: 2020年 7月2日(木) 午前9時15分~11時15分(120分間) 
受講料: 10,000円(税込)
 
【特別講演の詳細・お申込み】 ※ご予約制・参加有料
 
 
今回の特別講演は、どこからでもご参加いただけるZoomを使用したオンライン特別講演です。
※Zoom視聴環境があるPCやスマホ、タブレットなどで自宅からご視聴できます。
※予約いただいた皆様に、「視聴方法のご案内」をEメールにてお送りします。
※特別講演映像は、ご予約された方に限り、「MANACラーニング」上で後日ご視聴いただけます。
 
講師紹介
      
★久賀谷亮氏修正画像.jpg






















久賀谷 亮氏

著書『最高の休息法』.jpg
 































ダイヤモンド社より出版
 

医師(日・米医師免許)/医学博士
イェール大学医学部精神神経科卒業。アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。
日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。
2010年、ロサンゼルスにて「Trans Hope Medical」を開業。同院長として、マインドフルネス認知療法やTMS磁気治療など、最先端の治療を取り入れた診療を展開中。臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ。
脳科学や薬物療法の研究分野では、2年連続で「Lustman Award」(イェール大学精神医学関連の学術賞)、「NARSAD Young Investigator Grant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞。主著・共著合わせて50以上の論文があるほか、学会発表も多数。
趣味はトライアスロン、トレイルランニング。
 
■ヒューマンアカデミー通学講座 https://haa.athuman.com/
資格取得、キャリアアップを目指す通学型の専門スクールです。1985年の開講以来、修了生・卒業生数は142万名以上、資格・検定試験の合格者数は20万名以上を輩出してきました。仕事にいきる実践力を身につけるための講座と、資格取得・就職・転職を支援するためのサポートが充実しています。
会社概要
 
ヒューマンアカデミー株式会社
●代表者 :代表取締役 川上 輝之  ●所在地 :東京都新宿区西新宿7-5-25西新宿プライムスクエア1階
●資本金 :1,000万円           ●URL :https://manabu.athuman.com/
 
 
■本件や事業に関するお問い合わせ■ ヒューマンアカデミー株式会社 広報担当 村田
TEL:(03)6846-7009  FAX:(03)6846-1038  E-mail:ha_info@athuman.com
 
■ヒューマングループに関するお問い合わせ■ ヒューマングループ 広報担当 外川
TEL:(03)6846-8002  FAX:(03)6846-1220  E-mail:kouhou@athuman.com
 

リリース資料

PDF 438KB KB

ニュースリリース一覧へ戻る