ニュースリリース

  • 2017/12/28

12月28日 建設通信新聞でヒューマンタッチが紹介されました

建設通信新聞で、ヒューマンタッチがまとめた
建設技術者の2025年未来予測が紹介されました。
 
---------------------------------------------------------------------------
 掲載日                       
---------------------------------------------------------------------------
12月28日
 
---------------------------------------------------------------------------
 媒体名                       
---------------------------------------------------------------------------
建設通信新聞 朝刊2面

---------------------------------------------------------------------------
 内容                        
---------------------------------------------------------------------------
生産性向上、働き方改革で5.5万人分改善
建設技術者11万人不足
ヒューマンタッチが需給ギャップ試算
 
ヒューマンタッチは2025年までの建設技術者の不足試算を
まとめた。予測では、15年に31万人いた建設技術者は、
25年には24.3万人と6.7万人減少し、本来必要な人数よりも
11万人超の不足を見通す。

一方、ICT導入などの生産性向上と働き方改革が進めば、
不足数は6万人弱まで縮小し、5.5万人の需給ギャップが
改善するという。

同社の高本和幸社長は「労働者確保に向けた複合的な取り組み
を行い、労働環境の向上を推進することが、今後の企業経営に
とっても、業界全体にとっても、非常に重要」と話している。
 
▼記事詳細はこちら(建設通信新聞のサイト)※有料会員のみ
 https://www.kensetsunews.com/archives/142825
 
---------------------------------------------------------------------------

ニュースリリース一覧へ戻る