ニュースリリース

  • 2015/02/09

バスケットボールチームで日本初となる本拠アリーナ保有へ ヒューマンプランニング

TKbjリーグ 大阪エヴェッサ
「舞洲体育館」の定期建物賃貸借の契約権を落札

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、主にバスケットボールチームの運営などを手掛けるヒューマンプランニング株式会社(本社:大阪市、代表取締役:佐伯 敬次、以下 ヒューマンプランニング)は、「舞洲スポーツアイランド(大阪府大阪市)」内の「舞洲体育館」の貸付事業者に決定。今後、定期建物賃貸借の契約を締結し、平成27年4月1日より10年間の貸付を開始します。
 
舞洲体育館は、室内競技の国際大会や各種イベントなどが開催される、収容人数7,000人を越えるメインアリーナを持ち、年間約20万人が利用するスポーツ・レクリエーション活動の場として大きな役割を果たしている施設です。
ヒューマンプランニングは、bjリーグ発足時より10年以上にわたるプロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」の運営や、小中学生を対象としたスポーツ教室の開催など、スポーツを通じた青少年の育成、地域活性化に貢献することを目指し、事業を展開しています。
今後は、舞洲体育館を「大阪エヴェッサ」のホームグラウンドとし、地域に根ざすプロバスケットボールクラブとして、迫力ある試合を実施することでバスケットボールの魅力を多くの方々に広めるとともに、各種スポーツ教室を開催することで地域の皆様にスポーツに親しんでいただき、市域のスポーツ振興にも貢献します。
 
また、ヒューマングループは、中核となる教育事業において、「スポーツ」「カルチャー」「エンターテインメント」などの分野に、多数の人材を育成・輩出してきたユニークな教育コンテンツを有しています。こうしたグループならではのノウハウを活用し、自治体とも連携を取りながら、グループ全体で、各種スポーツ大会、コンサート、展示会など、舞洲体育館の活用を通じて、地域の文化向上に資する施設運営を行います。
ヒューマングループでは、今回の公共スポーツ施設運営事業を契機として、公共スポーツ関連施設の活用に関連する分野での事業拡大を図る方針です。
HP_20150206_舞洲アリーナ.jpg

<舞洲体育館の概要>
(1) 名称 舞洲体育館
(2) 所在地 大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目1番23
(3) 敷地面積 57,179.14㎡
(4) 施設内容 メインアリーナ、サブアリーナ、会議・研修室
(5) 収容人数 7,056名(1階 2,706席、2階 4,350席)
 
 
<問い合わせ先>
大阪エヴェッサ 広報担当:
古屋 (ヒューマンプランニング株式会社)
 
〒542-0081 
大阪市中央区南船場4丁目3番2号 御堂筋MIDビル9階
Tel:06-6258-5311 
Fax:06-6245-0708 
E-mail:t-furuya@athuman.com
ホームページ:http://www.evessa.com/

リリース資料

PDF 211 KB

ニュースリリース一覧へ戻る