ニュースリリース

  • 2015/07/24

7月24日 FujiSankei Business i.で紹介されました

FujiSankei Business i.に
ヒューマンアカデミーの「ロボット教室」に関する記事が紹介されました
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 掲載日                       
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
7月24日(金)
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 媒体名                       
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
FujiSankei Business i.
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 内容                        
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
子供の「理科離れ」を食い止めようと、学習塾など教育関連企業が
独自のプログラムを使って科学に興味をもってもらおうという動きが広がっている。

「先生できました」「それじゃ、動かしてみよう」
6月初め、東京都小金井市の公民館の一室でヒューマンアカデミー(東京)の
「ロボット教室」が開かれた。
小2から小6の児童7人が車輪付きのタワー型時計ロボットを組み立てた。

ヒューマンアカデミーは、「理科離れへの対策に民間として何かできないか」(担当者)と、
ロボットクリエイターで東大先端科学技術研究センター特任准教授の高橋智隆さん監修で、
6年前にプログラムを開発。全国の塾などにテキストやブロックのキットを提供している。

現在、全国約740教室で小学生を中心に約8000人が受講。
「自分自身が童心に帰り、楽しみながら科学を学べるように工夫した。
子供たちの中から、将来ロボットの専門家が出てくれれば」と高橋さんは期待する。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

※7月24日 中部経済新聞にも、同内容が掲載されました。

ニュースリリース一覧へ戻る