ニュースリリース

  • 2014/01/23

ヒューマンリソシア 復興支援を目的に福島県にマスクを寄贈

 ヒューマンリソシア株式会社が、福島県二本松、本宮市と大玉村の小学校、中学校、幼稚園用にウィルス対策マスク合計6万1200枚を寄贈しました。
ヒューマンリソシア株式会社プレジデント御旅屋 貢が、二本松市役所を訪問しマスクを贈った様子が福島民報に紹介されました。

記事内容
   地域の雇用創出事業に取り組む本宮市のエフ・アール企業組合をヒューマンリソシア株式会社は、二本松市、本宮市、大玉村の小学校、中学校、幼稚園にウィルス対策マスクを寄贈。
1月23日には、二本松市役所を訪問し、新野洋市長と小泉裕明教育長やマスク3万5000枚を贈った。新野市長は「インフルエンザの予防などに生かしたい」と感謝した。本宮市には1万9800枚、大玉村には6300枚が贈られた。

ニュースリリース一覧へ戻る