ニュースリリース

  • 2014/08/04

2014年8月4日 日経ⅯJで紹介されました

8月4日付の日経MJに、
ヒューマンアカデミー株式会社が運営するヒューマンアカデミー日本語学校が紹介されました。
 
-----------------------------------------------------------------
 掲載日                       
-----------------------------------------------------------------
8月4日(月)
 
-----------------------------------------------------------------
 媒体名                       
-----------------------------------------------------------------
日経MJ(日本経済新聞社)
 
-----------------------------------------------------------------
 内容                         
-----------------------------------------------------------------
 
 人手不足の流通・外食業では、外国人労働者の争奪戦が始まっています。

 とりわけ、周辺に大学などが少ない東京・お台場地区の商業施設は、人種のるつぼです。

 日経MJがまとめた2013年度のコンビニ調査では、
 「アルバイトが不足している」と回答した企業が全体の半数を占めており、
 外国の留学生を送り出す機関と連携するコンビニも出てきました。
 
 そうした中、ヒューマンアカデミー日本語学校(東京・新宿)にはコンビニやスーパー大手から集団面接の要請があり、
 それぞれ10人程度の生徒さんが働くことになりました。

 外国人の日本語力は能力試験の5段階(最高のN1からN5)で分けられます。
 これまでは最低でもN2以上を求めていた企業が、
 N3(日常会話をある程度理解できる)でも採るようになっています。
 こうした現状に、ヒューマンアカデミー日本語学校の竹内和道事務局長が
 「4月までは生徒のアルバイトを探すのに必死だった」と話す様子が掲載されました。
 
-----------------------------------------------------------------

 ヒューマンアカデミー㈱は今後も、グローバル化する社会を支える人材の教育に貢献してまいります。

ニュースリリース一覧へ戻る