ニュースリリース

  • 2013/02/05

2013年2月5日 読売新聞に紹介されました

総合学園ヒューマンアカデミー札幌校 パフォーミングアーツカレッジが手掛ける演劇指導出張講座の内容が読売新聞に紹介されました。

記事内容
演劇部員 合同公演へ特訓
  苫小牧市の五つの高校・高専の演劇部による演劇合同公演が2月11日に開かれる。27日の稽古は「総合学園ヒューマンアカデミー札幌校」からパフォーミングアーツカレッジ担当の甲斐大輔さんを招いて行なった。
甲斐さんは場面ごとの演技を細かくアドバイス。「演じている自分が楽をしていたら、それはうまく演技できていないということだ」「脚本に書かれていないことをいかに作り出すかが大事」と助言すると、高校生らは深くうなずいていた。



苫小牧民報にも紹介されました
記事内容
プロが高校生指導
演劇公演に向け合同練習
  苫小牧市内の高校生による合同演劇公演に向けた合同練習に特別に招いた「ヒューマンアカデミー札幌校の甲斐大輔講師」が指導した。
「プロだろうと高校生だろうと関係ないという意識が必要だ」と手厳い指摘を受けた。
生徒たちは、甲斐さんの指導の下、何度も各場面の稽古を繰り返し、説得力ある演技を目指した。

ニュースリリース一覧へ戻る