ニュースリリース

  • 2008/12/26

ヒューマンリソシア 失業者への就職支援、ヘルパーの雇用促進を目的とした「介護の仕事 無料体験会」を実施

2008年 12月26日
ヒュ-マンリソシア株式会社

 

総合人材コンサルティング会社のヒューマンリソシア 
失業者への就職支援、ヘルパーの雇用促進を目的とした 
「介護の仕事 無料体験会」を実施

 

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、主に人材関連事業、介護事業を展開するヒューマンリソシア株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:桑原加鶴子)は、2009年1月21日(水)、22日(木)の2日間「介護の仕事 無料体験会」を都内で実施し、ヘルパーの雇用促進を目指します。
 
国内の景気の悪化が続く中、契約不更新や契約解除などで失業者が増え続けています。ヒューマンリソシアではこのたび参加費無料の「介護の仕事体験会」を実施し、希望者に対しては適職カウンセリング、仕事紹介を行います。これにより失業者への就職支援とし、同時にこの状況下においても尚、人材確保が厳しい介護業界への人材派遣・人材紹介を強化してまいります。 

介護業界での人材確保を難しくしている要因の一つとして、早期離職率の高さが挙げられますが(※1)、これは就業前の仕事に対するイメージと現実のギャップが大きいことが理由として考えられます。体験会では人をベッドから椅子へ移動させる、歩行の介助をするなど介護の実務を経験することで、介護職への理解を深めてもらいます。また体験を通し、本人の適性を自分自身で確かめることが出来ます。今回は求職者の方々に、自身の適性を判断してもらうことで将来のキャリアイメージを持っていただくことも目的としています。 

介護技術の体験は30分程度、その後キャリアアドバイザーが個々に適職カウンセリングを行い、希望者に対して登録手続き、仕事紹介(※2)を実施いたします。 

ヒューマンリソシアは今後もこのような体験会・仕事紹介を展開し、就職支援・雇用促進への取り組みを強化していく予定です。 

※1・・・訪問介護員、介護職員の1年間(平成18年10月1日から平成19年9月30日まで)の離職率の状況をみると、全体では離職率は21.6%。離職者のうち、当該事業所に勤務した年数が「1年未満の者」は39.0%、「1年以上3年未満の者」は35.7%で、離職者の74.7%が3年未満で離職していた(有効回答4,783事業所、及びそこに雇用される介護労働者41,593名)。(財団法人介護労働安定センター ホームページ「平成19年度 介護労働実態調査結果について」より抜粋) 

※2・・・ヒューマンリソシアが受注している派遣、正社員の求人案件および、自社にて運営している介護施設(デイサービス22箇所、有料老人ホーム2箇所などを含む全国54箇所)での採用についての紹介です。 
 
ヒューマンリソシア株式会社 
広報担当 井上 
TEL: (03)3342-3125 
FAX: (03)3342-3291

ニュースリリース資料

PDF 174 KB

ニュースリリース一覧へ戻る