IR情報・電子公告

経営情報

経営情報

IRポリシーについて

ヒューマンホールディングス株式会社(以下「当社」という)は、株主・投資家の皆様の当社に対する理解を促進し、適正な評価と社会的信頼を得るために、当グループに関する重要な情報(経営・事業・財務)の公正かつ適時・適切な開示を行う方針を持っております。

1.情報開示の基準

当社は、会社法、金融商品取引法、その他の法令および当社の有価証券を上場している証券取引所の定める適時開示規則に従って情報開示を行っております。また、当社の判断により当社を理解していただくために有効と思われる情報につきましても、タイムリーかつ積極的な情報開示に努めます。

2.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、適時開示規則に従い適時開示情報伝達システム(TDnet:Timely Disclosure network)において公開し、報道機関(記者クラブ)への資料配布を行います。それに加え、TDnetにより公開した情報につきましては、当ウェブサイト上でも速やかに公開しています。 なお、当ウェブサイトへの掲載は、システムの都合上、TDnetにおける公開時期より遅れることもあります。

また、適時開示規則に該当しない情報を開示するにあたっても、適時開示規則の趣旨を踏まえて適切な方法により正確かつ公平に当該情報が株主・投資家の皆様に伝達されるよう配慮を行っております。

3.将来の見通しについて

当社が発表する資料やホームページ記載内容等には、現在の計画や見通しおよび戦略などが含まれる場合があります。何れの場合におきましても、歴史的事実でないものは、一定の前提の下に作成した将来の見通しであり、その内容を保障するものではありません。また、当社は第三者によるいかなる当社業績予測も支持することをいたしません。

何れの場合におきましても、歴史的事実でないものは、一定の前提の下に作成した将来の見通しであり、また現在入手可能な情報から得られた当社経営者の判断にもとづいております。 従いまして、当社の業績、企業価値等を検討されるに当たりましては、これら見通しのみに全面的に依拠されることは控えて頂けるようお願いいたします。

実際の業績は、さまざまな要素により、これら見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おきください。

4.沈黙期間について

当社では、株主・投資家の皆様への情報公開の公平性を確保するため、決算発表日から遡る2週間を「IR自粛期間」と定めて、IR活動を自粛しております。当該期間中は、決算内容に関してコメントすることや、質問にお答えすることを控えさせていただきます。ただし、「IR自粛期間」中に、将来の見通しが大きく乖離する可能性があると判断した場合には、適宜修正・変更を含めた情報開示を行うこととしております。

5.当ホームページの位置付け

当ホームページは、インターネット上で当社の情報を検索されたい方々を対象に、その便に供するために開かれております。公平な情報開示のために、情報の公開後できるだけ速やかに当該情報を本ホームページに掲載しておりますが、情報通信技術上の障害等により掲載時期が遅れることもあるため、本ホームページにおける情報開示は、あくまで補助的なものとして位置付けております。

また、本ホームページには当社がディスクローズしている情報の全てが掲載されていない場合や他の方法で開示された情報とは異なった表現の仕方をしている場合もありますので、本ホームページを利用されるにあたりましては、これらを十分にご理解いただいた上でのご利用をお願いいたします。

当ホームページは投資勧誘を目的としたものではありませんので、投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断にてお願いいたします。当ホームページに掲載された情報を利用したことによって生じたいかなる損害に対しても、当社および当社の従業員は一切の責任を負いかねます。また、予告することなく当IRホームページ上の情報の変更を行うことがありますので、あらかじめご了承ください。