財務報告の基本方針

ヒューマングループは、企業共同体に求められる社会的責任を理解し、財務報告の信頼性を確保するため、適正かつ効率的な体制を構築して、事業活動の健全かつ持続的な発展を実現します。

  1. 会計基準その他の法令を遵守し、経理規程をはじめとする関連規程を整備して適正な会計処理を行います。
  2. 経営資源を有効に活用するために、グループ内外の情報が迅速かつ適切に伝達される組織と制度を設計します。
  3. グループ内のすべての業務プロセスにおいてリスクマネジメントを徹底すると同時に、効率的で透明性のある内部統制の体制を目指します。
  4. 一般に公正妥当と認められる基準に従い、内部統制の整備・運用状況の評価を定期的に実施し、業務改善を継続的に行います。
  5. 財務報告に係る内部統制の整備・運用を推進し、有効かつ適正な内部統制報告書を提出するために、内部統制委員会を設置します。

以上
平成20年5月1日

ヒューマンホールディングス株式会社
代表取締役社長 佐藤 朋也

ページの先頭へ