上矢印

TOP

ABOUT

ヒューマングループとは

「ヒューマン」の社名は、「時代がどれだけ変わっても、人が持つ力や可能性は決して変わることはない」との思いから生まれました。その思いを軸に、これまで成長してきたヒューマングループの考え方や事業、歴史をご紹介します。

01

ヒューマングループの
経営理念

[綱 領]

為世為人

[バリュープロミス]

綱 領

為世為人

バリュー
プロミス

探しにいこう、自分らしさを。

自分らしい生き方は、「なりたい自分」を思い描くことからはじまります。自分自身の発見と開発。そうすることで生まれる、社会への貢献。この自分らしさをカタチにする循環を、私たちは「SELFing」と呼んでいます。SELFingは、私たちからすべてのステークホルダーの皆さまへ、提供する価値です。

私たちの価値

一、私たちは、人々が生涯を通じて自分らしい生き方を実現するサポートをします。「一人ひとりのなりたい自分」を発見し、そのプロセスをサポートすること。また、「一人ひとりのなりたい自分」と「社会のニーズ」のマッチングをサポートすること。私たちが「SELFing」と呼ぶこの提供価値を通して、私たちは、社会課題の解決、そしてサステナブルな社会の実現に貢献します。

二、私たちは、地域社会および日本、さらには世界の一員であることを自覚して、人類の平和と福祉の増進に貢献します。そのために、視野を広げ国際感覚豊かな実践的な人材になることを目指します。

三、私たちは、起業家精神を持ち続けます。時代の変化を先取りして事業を起こし、競争力のある新規事業・商品の開発にスピード感をもって取り組みます。

02

社長メッセージ

佐藤朋也

佐藤朋也

代表取締役社長

佐藤 朋也

私たちは、“為世為人”という綱領のもと、教育事業を中心に人材事業や介護事業などの新規成長産業領域で事業を拡大してきました。
ヒューマングループのバリュープロミス(ブランドコンセプト)は、「一人ひとりのなりたい自分」を発見し、そのプロセスをサポートすること。また、「一人ひとりのなりたい自分」と「社会のニーズ」のマッチングをサポートすること。私たちが「SELFing」と呼ぶこの提供価値は、ますます多様化、複雑化する社会において、一人ひとりの人生に必要不可欠なものであると考えています。ヒューマングループは、グローバルに展開する事業を通してSELFingを提供し、社会課題の解決、そしてサステナブルな社会の実現に貢献して参ります。

この理念を実践していくのは社員です。社員が自らSELFingを実践し、社会と向き合い、よりよい社会の実現を目指す。
このような理念に共感していただける方々と一緒に仕事が出来ることを楽しみにしております。

03

事業領域

グループ全体で、「人を育てる」教育事業を軸に「人を社会に送り出す」事業も展開。主に7つの事業領域を通して、経営理念やSELFingの考え方をカタチにしています。

  1. 1教育

    幼児・児童・専門校・リカレントに関する通学講座やeラーニングから、留学、学童保育、研修、翻訳、通訳まで、幅広い年齢層の多様なニーズに対し、学びの場を提供。

    ヒューマンアカデミー株式会社 / ヒューマングローバルコミュニケーションズ株式会社 / 産経ヒューマンラーニング株式式会社

  2. 2人材

    クライアントが抱える「人材」に関する課題に対し、さまざまなソリューションを提供。人材派遣、人材紹介、転職サイト運営、RPA導入支援、業務受託と領域は多岐にわたる。

    ヒューマンリソシア株式会社 / ヒューマングローバルタレント株式会社 / 株式会社エフ・ビー・エス

  3. 3介護

    在宅介護・施設介護サービスのほか、介護に関する教育や人材育成にも注力することにより、高齢者を中心に人と社会を支える事業として展開。

    ヒューマンライフケア株式会社

  4. 4保育

    待機児童の多い首都圏を中心に、認可保育所などを運営。ほかにも、企業、病院、大学内の保育所を運営するなど幅広い保育ニーズに対応。

    ヒューマンスターチャイルド株式会社 / ヒューマンアカデミー株式会社

  5. 5美容

    ニューヨーク生まれのネイルサロン「DASHING DIVA(ダッシングディバ)」を運営。また、ネイル用品をはじめとする商品の開発・販売も手がける。

    ダッシングディバインターナショナル株式会社

  6. 6スポーツ

    B1リーグ プロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」や、プロeスポーツチーム「Human Academy CREST GAMING」を運営。

    ヒューマンプランニング株式会社 / ヒューマンアカデミー株式会社

  7. 7IT

    システム開発運用から企画制作、デジタルマーケティングまで、クライアントの課題や要望に合わせて、さまざまなIT/Webのソリューションを提供。

    ヒューマンデジタルコンサルタンツ株式会社

04

グローバル展開

日本で培ったノウハウを生かし、アジア・ヨーロッパ・北米で教育事業を軸にグローバルに事業を展開。国ごとに異なるニーズを的確に捉え、教育や人材の分野で各国の社会に貢献しています。

  1. 1ヨーロッパ

    ヨーロッパ

    漫画やアニメ、ゲームの制作を学べる専門校を運営。日本の漫画賞に入選し、漫画家デビューを果たす学生を輩出するなど、目覚ましい成果を上げています。

    現地法人
    [フランス]Human Academy Europe SAS
    事業内容
    職業専門教育、日本語教育
  2. 2東南アジア

    東南アジア

    日本語教育事業や日本式の質の高い保育園運営事業、現地企業と連携した人材の紹介・支援事業を手がけています。

    現地法人
    • [インドネシア]PT. Human Mandiri Indonesia / PT. HUMAN CITA ANANDA
    • [マレーシア]Human Star Child (MALAYSIA) SDN. BHD.
    • [フィリピン]Human Academy Philippines, Inc.
    事業内容
    日本語教育、保育事業、オンライン英会話講師採用及びマネージメント
  3. 3北米

    北米

    北米への語学留学をサポート。現地提携大学に無試験で進学できるプログラムや、小学校英語指導者資格取得のコースなど、さまざまな教育コンテンツを揃えています。

    現地法人
    [アメリカ]Human Academy America, Inc.
    事業内容
    児童教育

05

グループ沿革

ヒューマングループは、1985年、教育事業からスタート。以来、常に時代のニーズを先取りし、社会が抱える課題や要望に応えることで、人材、介護、そして今では美容やスポーツにまでビジネスのフィールドを広げてきました。ヒューマングループの歴史は、「人と社会に向き合ってきた歴史」です。

  1. 1985年4月

    教育事業スタート

    教育事業を目的として、大阪市南区(現中央区)に、株式会社教育未来社(現ヒューマンアカデミー)を設立。

  2. 1988年2月

    人材事業スタート

    人材派遣事業を目的として、ヒューマン・タッチ株式会社(現ヒューマンリソシア株式会社)を設立。

  3. 1997年8月

    海外事業スタート

    中国・天津市において、「修曼天津同文渉外職業学校」を開校。

  4. 1999年4月

    介護事業スタート

    ザ・ヒューマン株式会社が介護事業を開始(措置制度化での事業開始)。※その後2010年に介護事業をヒューマンライフケア株式会社に移管

  5. 2002年8月

    ヒューマンホールディングス株式会社を設立

  6. 2004年10月

    ヒューマンホールディングス株式会社が、JASDAQ証券取引所に上場(証券コード:2415)

  7. 2005年6月

    スポーツ事業スタート

    プロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」の運営を開始。

  8. 2006年5月

    美容事業スタート

    ニューヨーク生まれのネイルサロン「DASHING DIVA(ダッシングディバ)」の運営を開始。

  9. 2011年11月

    保育事業スタート

    ヒューマンライフケア株式会社が保育事業を開始。

  10. 2016年3月

    IT事業スタート

    ダイレクトワン株式会社を子会社化(現ヒューマンデジタルコンサルタンツ株式会社)。

  11. 2016年5月

    インドネシアにて「PT. Human Mandiri Indonesia」を設立

  12. 2018年7月

    インドネシアの「PT. HUMAN CITA ANANDA」にて保育事業運営を開始

  13. 2020年7月

    「ヒューマンアカデミー株式会社」は、eスポーツチーム運営事業譲受し、
    プロeスポーツチーム「Crest Gaming」(現:Human Academy CREST GAMING)の運営に参入

  14. 2021年10月

    「ヒューマンリソシア株式会社」は、「株式会社エフ・ビー・エス」の株式を取得し、子会社化

  15. 2022年4月

    東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所のJASDAQからスタンダード市場に移行

READ MOER

06

ヒューマングループの
事業とSDGs

創業以来、ヒューマングループは「自分自身の発見と開発」と「社会への貢献」が循環する社会を目指してきました。私たちの事業や取り組みは、「世界共通の課題」であるSDGsにもつながっています。

  1. 1サステナビリティビジョン

    サステナビリティビジョン

    ヒューマングループは、1985年の創業以来、「為世為人」という綱領のもと、教育を中心とする各事業を通じて、労働力不足、超高齢化社会、待機児童問題などの社会課題の解決に取り組んできました。自分自身の発見と開発。社会への貢献。私たちがめざすのは、これらが循環する社会です。
    私たちが「SELFing」と呼ぶこの循環は、さまざまな社会課題を解決に導きます。ひとつの解決は新たなビジネスの創出につながり、そこには次なる「SELFing」の機会が生まれます。グローバルに事業を展開するヒューマングループは、これからも世界の課題に真摯に向き合い、この循環によって社会とともにサステナブルな成長を目指します。

  2. 2ヒューマングループの重点課題

    ヒューマングループの重点課題

    2015年に国連サミットで採択された、「持続可能な開発目標(SDGs)」。私たちはSDGs に掲げられた2030年までに達成すべき17の目標のうち、特にこの8点に取り組むことで、持続可能な世界の実現に貢献します。