社員インタビュー ヒューマンタッチ 近藤 咲帆子 - 1

「誠実な仕事をする」
という志を持って働きたい。

ヒューマンタッチ株式会社
首都圏第1営業部(建設業界)

近藤 咲帆子

2017年入社

ヒューマンタッチで働きたいと思った理由

 私は大学で心理学を学んでいたこともあり、人と密接に関わる仕事がしたいと考えていました。さまざまな業界を見るなかで、「人材紹介は、企業と求職者のご縁を結ぶ仕事」ということを聞き、「いい仕事だな」と思い、人材紹介会社に絞って就職活動をすることにしました。ヒューマンタッチの社員の皆さんは、面接や面談で、社会に対する知識のない私にも温かく接してくださいました。また、社長の髙本との最終面接で、「常に誠実な仕事をすることを大事にしている」という言葉を聞き、私もそういう志を持って社会人になりたい、この会社に入りたいと思いました。

社員インタビュー ヒューマンタッチ 近藤 咲帆子 - 2
社員インタビュー ヒューマンタッチ 近藤 咲帆子 - 3

仕事にやりがいを感じるとき

 入社当時から、誠実な仕事をして、お客様からも当社の社員からも信頼される人になりたいという気持ちを持っていました。そして、日々の行動にきちんと責任を持つことを心がけるようにしました。私は、設備・プラントに関わる技術者を企業に紹介するチームに所属しており、企業の担当者様に、どのような人材を必要としているかをヒアリングした後、コンサルタントとともにマッチングを進めていくのが仕事です。企業から内定が出て、求職者様が就職され、フォローの連絡を入れたときに、「〇〇さん、すごく頑張ってくださっていて、うちも助かっている」という話を聞くと、良かったなぁ、良いご縁が結べたと、やりがいを感じます。

ヒューマンタッチの魅力

 ヒューマンタッチは、建設業界に特化した人材紹介会社です。インフラや建物をつくり、縁の下で世の中を支えている企業や技術者のパートナーとなって世の中を変えていきたい気持ちのある方と、是非一緒に働きたいと思います。
また、キャリア入社の先輩も多いことも、私のように当社のことしか知らない新卒入社社員にとっては、ありがたいことだと感じています。「一般的に社会人はこういう考え方をして、こういう仕事の仕方をする」ということを教えていただけたり、多様な業界出身の方から学んだりできることは、自分自身の成長にもつながっていると思います。

1日のお仕事の流れ

1日の流れ ヒューマンタッチ 近藤 咲帆子

3年後の「なりたい自分」

ヒューマンタッチを代表する営業になる。

私は、何事も冷静に考え、目的意識を持って行動するようにしています。当社に登録した求職者さんから「この企業の求人があれば応募したい」という相談があったという情報を共有いただき、私が動いたことで成約した案件もあります。それまで人材紹介会社を使われたことのない企業様でしたが、「このタイミングでアプローチを受けたのもご縁だと思うので、この方とのお話を進めてみましょう」ということになりました。当社が介在したことで、その方の魅力を第三者としてお伝えすることができ、可能になったマッチングだと考えています。

人材事業ヒューマンタッチの
社員紹介

社員紹介一覧