社員インタビュー ヒューマンアカデミー 萩森 聖果 - 1

大人が学び続け、
子供が生き生きとする
社会をつくりたい。

ヒューマンアカデミー株式会社
戦略本部 広告課

萩森 聖果

2018年入社

ヒューマンアカデミーで働きたいと思った理由

 大学時代には、社会教育を学んでいました。そのなかで、大人が学び続けることで子供が生き生きする社会ができるという確信を持つようになり、社会人の学びを応援する仕事に就きたいと考えるようになりました。私自身、常に学び続ける姿勢を持っていたいと考えていますが、大学時代に外部の人々とも交流し、多くの人と交流することが自分自身の成長につながるということを知りました。世の中にはいろいろな人がいるし、自分も人と違っていて良い、多様性が認められて良い、一つの意見にこだわりすぎなくても良いということも学びました。

社員インタビュー ヒューマンアカデミー 萩森 聖果 - 2
社員インタビュー ヒューマンアカデミー 萩森 聖果 - 3

仕事にやりがいを感じるとき

 ヒューマンアカデミーには、心理学、ネイリスト、日本語講座など、さまざまな講座があります。私の所属している広告課は、マーケティング、広告の企画・ディレクション、媒体の手配などを通して、講座の販売促進を行う仕事をしています。広告課が目標としているのは、資料請求をしていただき、受講生になっていただくことです。ですから、企画や表現がお客様に響いて、請求件数など目に見える数値として実績につながったときに喜びを感じます。都内の各拠点で実際にお客様と接するメンバーにヒアリングをしながら、どのような方がヒューマンアカデミーで学びたいと思うのか、また当社としてはどのような方に来ていただきたいのか、効果的なターゲティングを行えるよう想像力を働かせています。

ヒューマンアカデミーの魅力

 社会のために役立ちたいという思いがあれば、なんでもできる会社だと思います。ヒューマンアカデミーには、さまざまな講座があり、私自身も心理学の講座で学んでいますが、一人ひとりの可能性を伸ばすチャンスがあります。現在は教育業界にいますが、今後、どういったキャリアを積んでいくのか、自分自身でも未知な部分があってワクワクします。また、ヒューマングループは、教育、人材、保育・介護まで、人に関わる多様な事業を展開していて、グループ内で異動する機会もありますから、人と関わり、人のために役立ちたい人には、幅広いチャンスのある会社だと思います。

社員インタビュー ヒューマンアカデミー 萩森 聖果 - 4

1日のお仕事の流れ

1日の流れ ヒューマンアカデミー 萩森 聖果

3年後の「なりたい自分」

マルチな広告担当

自分自身、知的好奇心が旺盛で、いろいろなことに興味を持つタイプだと認識しています。広告課の仕事は、ウェブのデータ分析、デザイン、オンライン・オフライン・デジタル・アナログといった媒体別や講座別の企画やマーケティングなど、多種多様です。私は全部ができるようになりたいと思っていますが、まだ経験が浅いので、まず、いろいろやらせていただくことが大事です。そのため、社内外問わず、相手の話を受け入れること、笑顔や話し方など話しやすい雰囲気づくり、前向きに取り組むことを心がけています。何気ない会話のなかにも、自分の知らないことはたくさんあるので、まずは接していただけるようにしています。

教育事業ヒューマンアカデミーの
社員紹介

社員紹介一覧