ニュースリリース

  • 2019/01/17

ヒューマンアカデミー 関西在留の外国人が日本酒を学べるセミナーを大阪国税局より受託

~「DISCOVER SAKE~Learn about and Try Japanese Sake~」を2月2日に開催~

 ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:新井 孝高、以下 ヒューマンアカデミー)は、大阪国税局が実施するセミナー「DISCOVER SAKE~Learn about and Try Japanese Sake~」(以下、本事業)を受託しました。大阪国税局管内(大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県の2府4県)に在留する外国人に、日本酒の知識や魅力を正しく伝えることにより、日本酒の需要振興促進を図ります。

【本件のポイント】
●ヒューマンアカデミーが、大阪国税局よりセミナー「DISCOVER SAKE~Learn about and Try Japanese Sake~」を受託
●関西在留の外国人に、日本酒の正しい知識や魅力を伝えることにより、日本酒の輸出拡大を目指す
●日本三大酒処の灘・伏見など大阪国税局管内で出展を希望された酒蔵の日本酒を実際に味わい、日本酒の魅力や楽しみ方を学ぶ

【本件の背景】
 財務省貿易統計の資料によると、2017年の日本産酒類の輸出金額は約545億円で、6年連続で過去最高を更新。特に日本酒の輸出金額、輸出量は共に8年連続で過去最高を記録しています。政府は、日本酒をはじめとした日本産酒類の総合的な輸出環境の整備に向け、クールジャパン戦略推進の一環として、国内外への情報発信の強化等に取り組んでいます。特に国税庁においては、国レベルの地理的表示として2015年12月より「日本酒」を指定しており、日本酒のブランド価値の向上のため、地理的表示制度(※1)の活用促進を推進しています
 
 大阪国税局管内には、日本三大酒処といわれる灘(兵庫県)と伏見(京都府)があり、全国の日本酒の課税移出数量の約半数を占めています(※2)。そこで、本事業では、大阪国税局管内に在留する外国人を対象に、日本酒の風土と歴史・文化や製造方法、日本酒の正しい知識を伝えるとともに、日本酒を実際に楽しむ機会を設け、日本酒の認知度向上と輸出拡大を目指します。
 
※1:ある特定の産地に特徴的な原料や製法などによって作られた商品だけが、その産地名を独占的に名乗ることができる制度
※2:大阪国税局データによる

【本件の概要】
事業名称 DISCOVER SAKE~Learn about and Try Japanese Sake~
対象者 関西(2府4県)の在留外国人
開催日時 2019年2月2日(土)14時~16時30分
開催場所 帝国ホテル大阪(大阪市北区天満橋1-8-50)
<第一部>
講演(英語)
・「日本産酒類の魅力とは(英語版)」DVD上映
・クリストファー・ヒューズ氏による特別講演
 「日本文化の神髄~日本酒の魅力に迫る」
 特別ゲスト 2018ミス日本酒 須藤亜紗実さん
<第二部>
きき酒会
展示物等の見学
・鏡開き
・酒造りの唄
・日本酒利き酒会(大阪国税局管内の出展を希望された酒蔵が試飲ブースを出展) 
定員 170名

セミナー詳細はこちら
https://discover-sake.site/athuman.com/


会社概要 ----------------------------------------
 
ヒューマンアカデミー株式会社
●代表者:代表取締役 新井 孝高
●所在地:東京都新宿区西新宿7-5-25西新宿プライムスクエア1階
●資本金:1,000万円
 
<事業に関するお問い合わせ>
ヒューマンアカデミー株式会社 広報担当:小林、若林
TEL:03-6846-8002
FAX:03-6846-1220
 
<本件に関するお問い合わせ>
ヒューマングループ 広報担当:井手、小林
TEL:03-6846-8002
FAX:03-6846-1220
E-mail:kouhou@athuman.com

リリース資料

PDF 234 KB

ニュースリリース一覧へ戻る