ニュースリリース

  • 2018/09/18

ヒューマンホールディングス、働き方改革推進に向けた取り組みが評価 三井住友銀行より「SMBC働き方改革融資」が実施

 ヒューマンホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤朋也、以下「当社」)は、株式会社三井住友銀行(本店:東京都千代田区、頭取CEO:髙島誠、以下「三井住友銀行」)が取り扱う「SMBC働き方改革融資」の認定を受けましたのでお知らせいたします。

【本件のポイント】
✓働き方改革推進に向けた取り組みが評価され、今後働き方改革が期待できる「グロース企業」と認定
✓社内コミュニケーション活性化の仕組み整備、社員が活躍できる機会の提供、長時間労働抑制の取組が評価
✓有給休暇取得率の引き上げについても全社的に実行

【本件の概要】
 「SMBC働き方改革融資」は、三井住友銀行が提供する融資商品の一つで、融資実行の際に企業の働き方改革推進の取組状況を独自の基準で“見える化”し、その結果を提供するとともに、今後の更なる取組推進に向けた情報提供を行うものです。
 当社の以下の取組と実績が評価され、今後、働き方改革が期待できる「働き方改革のグロース企業」と認定されました。
 
 評価された取組と実績
 ①社内コミュニケーション活性化に向けて、1 on 1 ミーティングの実施や、従業員がイントラネットに成功事例を掲載・共有できる仕組を整備
 ②能力や意欲の高い社員に対し、より活躍できる機会を提供(過去3年間においては、非正規社員を正社員へ毎年登用)
 ③コミュニケーション支援ツールの導入、社内OA環境の性能向上への投資、勤務実績状況の見える化等を通じて、長時間労働を抑制
 
HR_トリミング.jpg
▲ヒューマンリソシアが主導するRPAを活用した生産性向上の取り組み

HA_トリミング.jpg
▲ヒューマンアカデミーが独自に実施している女性社員向け研修

HHC_トリミング.jpg
▲ヒューマングループ管理職を対象とした生産性向上に向けたマネジメント研修


 当社グループ全体では、労働時間の使い方を抜本的に見直し、時間あたり生産性を向上させていきます。そのために、業務の効率化、システム化を積極的に推進し、社員の労働時間を削減するとともに、多様な働き方を実現していきます。
 また、有給休暇取得率の引き上げなど取り組みの進化に向けた具体的な目標値を設定、実現に向けて全社的に実行してまいります。


ヒューマンホールディングス株式会社 会社概要 ------------------------------
●代表者:代表取締役社長 佐藤 朋也  
●所在地:東京都新宿区西新宿7-5-25西新宿プライムスクエア1階
●資本金:12億9,990万円          
 
 
<リリースに関するお問い合わせ> 
ヒューマングループ 広報担当:外川
TEL:03-6846-8002
FAX:03-6846-1220
E-mail:kouhou@athuman.com

リリース資料

PDF 270 KB

ニュースリリース一覧へ戻る