ニュースリリース

  • 2018/06/11

6月11日 労働新聞でヒューマンホールディングスが紹介されました

ヒューマングループが全社的に取り組むRPAの導入に関して、
経営・人事・労務の総合情報紙「労働新聞」で紹介されしました。
 
---------------------------------------------------------------------------
 掲載日                       
---------------------------------------------------------------------------
2018年6月11日
 
---------------------------------------------------------------------------
 媒体名                       
---------------------------------------------------------------------------
労働新聞 2018年6月11日号(第3164号) 3面
 
---------------------------------------------------------------------------
 内容                        
---------------------------------------------------------------------------
RPAを積極活用 常陽銀行・ヒューマンHD
取引確認や勤怠管理で

ヒューマンホールディングスも単純作業をRPAが行う。年間4万1000時間
の削減を目指す。営業関連事務作業を1人当たり1日30分削減し、新たに
生み出された時間を営業時間に割り当てたり、時間外労働の削減に結び
付ける。

RPA導入で人間が高度かつ複雑な仕事に取り組める時間を生み出し、
生産性向上を図る狙いだ。

【関連記事】
 
---------------------------------------------------------------------------

ニュースリリース一覧へ戻る