ニュースリリース

  • 2016/11/16

総合学園ヒューマンアカデミー マンガ・イラストカレッジ 仙台校・福岡校 スポーツ庁が公募した「スポーツによる地域活性化」まんが事例集の12例中3例の描き手に選定!

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:新井 孝高)の全日制専門校「総合学園ヒューマンアカデミー仙台校」、「総合学園ヒューマンアカデミー福岡校」両校の学生が、スポーツ庁が公募を実施した「スポーツによる地域活性化事例集制作に係る作者公募」の描き手に12事例のうち3事例(3名)に選定されました。
 
全国各地で、2019年のラグビーW杯、2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどを見据えた「スポーツを観光資源とした地域の活性化の促進」を図る動きが盛んになってきています。しかし、多くの地域で若年層を中心に人口流出傾向が続いており、次世代の地域スポーツの活性化・スポーツツーリズムを推進する人材が不足しているのが現状です。
このような背景からスポーツ庁が、地域の若年層に「スポーツが地域活性化の起爆剤となり得る」ことを知ってもらい、これからの地域活性化を支える意識を醸成することを目的に、スポーツで地域活性化に成功した全国各地の12事例を、誰にでもわかりやすい“まんが”で紹介する事例集を制作するための描き手の公募を実施しました。
今回のスポーツ庁の公募に、「総合学園ヒューマンアカデミー マンガ・イラストカレッジ」の仙台校と福岡校の学生が12例中3例の描き手に選定されました。
 
「総合学園ヒューマンアカデミー マンガ・イラストカレッジ」は札幌から那覇まで全国15校舎にて、マンガ家・マンガ家アシスタント・マンガ原作者・マンガ編集者・イラストレーター・CGデザイナー・キャラクターデザイナー・グラフィックデザイナー・アニメーターの9つの職種に向けた講座を揃え、マンガ初心者からプロ志向の強い上級者までの多彩なニーズに柔軟な発想で応えています。在学中から多くの企業と産学協同のコラボレーション企画を実施し、さまざまな経験が出来る教育プログラムを組んでいます。今後も各種取り組みを通じたスポーツによる地域活性化への貢献を目指します。
 
スポーツによる地域活性化事例集制作に係る作者公募について
 
 
【掲載事例及び作者】 
「スポーツによる地域活性化」まんが事例集.png

 
総合学園ヒューマンアカデミー   http://ha.athuman.com/
総合学園ヒューマンアカデミーは全国19校舎にて、ゲームやマンガ・イラスト、デザイン、ヘアメイクをはじめ、フィッシング、バスケットボールなど人気の高いアクティブ系のプロを養成するなど、多彩なニーズに柔軟な発想で応えています。現場で生かせる実力を育成するため、現役プロを講師に招聘。また企業と一体となって取り組む企業連携プロジェクトや長期インターンシップ、各種コンペへの参加も積極的に推奨しています。 ※校舎数(平成28年10月現在)
 
 
ヒューマンアカデミー 会社概要-------------------------
●代表者 :代表取締役 新井 孝高
●所在地 :東京都新宿区西新宿7-5-25西新宿木村屋ビル1階
●資本金 :1,000万円
 
<事業に関するお問い合わせ>
ヒューマンアカデミー株式会社 広報課 小林
TEL:(03)6864-0065
FAX:(03)5925-6545
 
<本件に関するお問い合わせ>
ヒューマングループ 広報担当:大森
TEL:(03)6388-0108
FAX:(03)6846-1220
E-mail:kouhou@athuman.com

リリース資料

PDF 278 KB

ニュースリリース一覧へ戻る