ニュースリリース

  • 2015/06/19

6月19日 産業経済新聞で紹介されました

産業経済新聞に、
ヒューマンプランニングの「アリーナ」に関する記事が紹介されました
 
-----------------------------------------------------------------
 掲載日                       
-----------------------------------------------------------------
6月19日(金)
 
-----------------------------------------------------------------
 媒体名                       
-----------------------------------------------------------------
産業経済新聞
 
-----------------------------------------------------------------
 内容                        
-----------------------------------------------------------------
日本バスケットボール協会の改革を主導するタスクフォース(特別チーム)が、
男子のナショナルリーグ(NBL)とTKbjリーグを統合し、
来年10月に発足する新リーグに43チームの参入を認めた。
 
多くの球団は1部参入を掲げるが、
高いハードルになっているのが、参入基準の
「ホーム試合の8割を実施可能な5千人収容のアリーナ確保」。
 
画期的なのは、bj大阪。
4月から10年間、年約850万の賃料で7千人収容の舞洲アリーナ(大阪市)を
管理運営する契約を市と締結。
新リーグが始まる来年からは、練習拠点を同アリーナに移す。
「ここに行けば大阪の試合が見れると思ってもらえる場所にしたい」と担当者。
 
各地の施設に利用料を払うよりも支出を圧縮でき、
イベント誘致などで稼働率を上げれば、アリーナ経営を収入源にすることが可能。
 
新リーグの成功はアリーナへ顧客を集め、収入に結びつけることが不可欠だ。
 
 
-----------------------------------------------------------------

ニュースリリース一覧へ戻る