ニュースリリース

  • 2015/11/10

ヒューマンタッチ 国内の人材市場動向数値(建設業界編)11月

建設業界の転職支援と人材育成のヒューマンタッチ

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、人材紹介・エンジニア派遣・行政自治体向けアウトソーシング事業などを行うヒューマンタッチ株式会社は、最新の人材市場に関する公的データをまとめた 『ヒューマンタッチ総研~Monthly Report 2015年11月』 を発表しました。
建設業に特化した人材関連の様々な情報、最新の雇用関連データもまとめています。
 
 
ダイジェスト
1.建設業界のトピックス
◆住宅がフローからストックの時代に入り、安定した成長が期待されるマンション管理業
 今回は、建設業と関連の深い業種であるマンション管理業についてまとめた。
図表1にあるように、マンションの新規供給戸数は、2007年の22万7千戸から、2011年には8万2千戸にまで減少した。 その後、景気回復を背景に増加に転じたが、中長期的には人口減少社会を迎える中で大きく伸びることはないと思われる。
一方、マンションのストック数は年々増加し、2013年には601万戸に達しており、今後はマンション市場においても、フローからストックの時代に移ることになりそうである。
 
【図表1 マンションのストック数と新規供給戸数の推移】
20151109_HT_MonthlyReport_01.jpg
出所:国土交通省資料
(http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/tenpu/H25stock.pdf)より作成
 
また、分譲マンションの築後年数を見ると、2013年において築20年超の分譲マンションは、263万6千戸で全体の約43%を占めており、マンションの老朽化に伴う大規模修繕や建て替えなどが今後大きな問題になってきそうである。
このような市場環境を背景に安定した成長が見込まれそうなのが、「マンション管理業」である。マンション管理業とは、管理組合から委託を受けて「マンションの管理事務」を行う事業であり、安全で快適なマンション・ライフを送り、さらにマンションの資産価値を維持するための重要なサービスとして関心が高まりそうである。
 
◆堅実な需要が見込まれるマンションの管理業務主任者
マンション管理業における重要な国家資格として「管理業務主任者」がある。これは、管理組合との管理受託契約における重要事項の説明から、受託した管理業務の処理状況のチェックおよびその報告まで、マンション管理のマネジメント業務を担うために設けられた国家資格であり、マンション管理業を営む際に設置が義務付けられている。マンション管理へのニーズが高度化・複雑化する中で、このような専門家の重要性が高まりそうである。
ヒューマンタッチでは、業界の深刻な人材不足解消、人材育成・市場の活性化を目的として、「ヒューマンタッチ キャリアカレッジ」事業を開始し、昨年の2014年度に「マンション管理士・管理業務主任者」の通信講座を開設している。今後も、有資格者を輩出することで、業界の発展に寄与する方針。
 
<マンション管理士・管理業務主任者通信講座(ヒューマンタッチ キャリアカレッジ)>
http://human-touch.jp/career/construction/hcc/mankan/lp_pc.html
 
 
2.建設業界の最新雇用関連データ(2015年10月30日公表)
(1)建設業の就業者数・雇用者数・新規求人数
◆建設業の就業者数は505万人(前年同月比100.0%)、雇用者数は410万人(同100.0%)といずれも前年通り
<建設業の就業者数と雇用者数の推移>
20151109_HT_MonthlyReport_02.jpg
出典:総務省「労働力調査」より作成
 
◆建設業の新規求人数は61,820人(前年同月比96.9%)となり、やや減少
<建設業の新規求人数の推移(新規学卒者とパートを除く)>
20151109_HT_MonthlyReport_03.jpg
出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成
 
(2)建設技術職の雇用動向
◆建築・土木・測量技術者の有効求人倍率は4.22倍(前年同月比+0.23ポイント)と、4カ月連続で上昇
◆充足率は前年同月比1.2ポイントの低下で6.5%となり、企業にとって人材確保が困難な状況が続いている
<建築・土木・測量技術者の雇用関連指標の推移(常用・除くパート)>
20151109_HT_MonthlyReport_04.jpg
出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成
 
<建築・土木・測量技術者の雇用関連指標の前年同月比(常用・除くパート)>
20151109_HT_MonthlyReport_05.jpg
 
(3)建設技能工の雇用動向
◆建設・採掘の職業の有効求人倍率は3.22倍(前年同月比+0.19ポイント)と、5カ月連続で上昇
◆充足率は前年同月比2.2ポイントの低下で11.8%となり、企業にとって人材確保が困難な状況が続いている
<建設・採掘の職業の雇用関連指標の推移(常用・除くパート)>
20151109_HT_MonthlyReport_06.jpg
出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成
 
<建設・採掘の職業の雇用関連指標の前年同月比(常用・除くパート)>
20151109_HT_MonthlyReport_07.jpg
 
 
【本レポートの全文はこちらから】
ヒューマンタッチ総研 Monthly Report (2015年11月)
http://human-touch.jp/news/ht_soken/m_Report201511.pdf
ヒューマンタッチ㈱は、クライアントをはじめとした各種企業のよりよい人材獲得につながる資料提供を目的に、公的なデータを集計してまとめた当レポートを、毎月発表しています。
 
 
ヒューマンタッチ株式会社 会社概要 --------------------------
●代表者:代表取締役 髙本 和幸  
●所在地:東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル1F      
●資本金:1億円   
●URL:http://human-touch.jp/
 
 
 
<このレポートに関するお問い合わせ>
ヒューマンタッチ株式会社 ヒューマンタッチ総研担当
TEL:03-6846-9050 
Mail:ht@athuman.com
 
<このリリースに関するお問い合わせ>
ヒューマングループ 広報担当:原まで
TEL:03-6388-0108
FAX:03-6846-1220
E-mail: kouhou@athuman.com

リリース資料

PDF 364 KB

ニュースリリース一覧へ戻る