ニュースリリース

  • 2014/08/05

ヒューマンライフケア 「介護福祉士実務者研修」を10月開講

ヒューマンライフケアカレッジ
2014年10月より「介護福祉士実務者研修」を開講!

 ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で介護事業等を展開するヒューマンライフケア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:河上信弘)は、2013年4月に開校した介護教育事業「ヒューマンライフケアカレッジ」の各校舎にて、2014年10月より「介護福祉士実務者研修」を開講いたします。

●ご利用者様の安心・安全を守る、正しい介護技術の普及へ
  介護人材の不足は今後の高齢人口増加・労働人口の減少によりますます社会問題化していくことが予測されています。7月25日(金)に厚生労働省より示された「福祉人材確保対策検討会」の中間報告においても介護人材、特に介護福祉士の専門性の向上と、それに伴う社会的評価・待遇の向上が必要とされています。ヒューマンライフケアはそうした背景を踏まえ、介護福祉士実務者研修を開始することにより、社内外の介護スタッフに向けてより高いスキルの習得とキャリアプランの構築を促したいと考えました。
  「介護福祉士実務者研修」は介護福祉士国家試験の受験資格として従来の「実務経験3年以上」に加え、2016(平成28)年度実施試験よりその修了が義務づけられます。より質の高い介護サービスを提供するために必要な実践的な知識や技術の習得を目的としています。実務者研修では新たに「医療的ケア演習」が加わることで、たん吸引や経管栄養などを安全かつ適切に実施するための知識・技術の習得が必須となります。
  ヒューマンライフケアカレッジでは事前通信学習と添削課題の提出に加え、スクーリング学習と医療的ケア演習を同スクールの教室で実施します。受講生からの質問にはメールで随時応答し、通信学習期間もきめ細やかな学習サポートを行います。スクーリング学習では事前通信課題で学んだ内容の定着を目指し、カリキュラム最終日に実技試験と振り返りの時間を設けます。それにより、最終的な目標である介護福祉士国家試験の合格に向け確かなスキルを身につけられます。ヒューマンライフケアのスタッフについては介護福祉士の資格取得支援はもちろん、資格手当の支給や人事制度などによるキャリアプランの提示と待遇改善を進めていきたいと考えております。
 ヒューマンライフケアは今後も一層のサービス向上と、高齢者とその家族をはじめ、介護に携わる全ての人々が安心して暮らせる社会作りに貢献して参ります。
 
●本件に関するお問合せ・取材のお申込みは
ヒューマンホールディングス株式会社 広報担当:原
TEL:03-6388-0108 FAX:03-6846-1220 E-mail:kouhou@athuman.com
 
●会社概要
ヒューマンライフケア株式会社 http://hlc.athuman.com
【代表者】代表取締役 河上 信弘
【所在地】東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル1階  
【資本金】1,000万円

リリース資料

PDF 764 KB

ニュースリリース一覧へ戻る