ニュースリリース

  • 2013/08/24

2013年8月 レタスクラブ・NIKKEI DESIGN他に紹介されました

ヒューマンエヌディー株式会社は、千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター(fuRo・フューロ)」と共同で、中学生および小学生向けのロボット博士養成講座を、2013年9月に開設いたします。
その内容が、gooベビー、レタスクラブ、NIKKEI DESIGNで取り上げられまいた。
大学研究所が全面協力し、子供向けのロボット博士の英才教育を実施するのは日本で初めての試みです。

【講座名称】
  ロボット博士養成講座「ロボティクス プロフェッサーコース」

【教材構成】
  ・テキスト
  ・ロボット用組込コンピュータセット
  ・プログラム開発用ソフト
  ・ロボットキット(ロボットボディ、センサー類)

【開始時期】
  2013年9月【背景】

【講座の特徴1】専門家レベルのロボット技術が学べる
  人間型ロボットを作る技術など、“ロボット博士”を目指す人に役立つ本格的なロボット工学を学べます。ロボットの頭脳となる組込コンピューターのプログラミングや人工知能等のアルゴリズムなどを誰でも簡単に習得できるように、ロボット製作やプログラミング実習を通じて、高度な技術をわかりやすく指導/解説いたします。「将来は本格的にロボット関連の仕事につきたい」「専門的なロボット工学について学びたい」という子供たちや保護者のニーズにお応えしていきます。

【講座の特長2】数学・理科好きになれる
  ロボット工学は、数学・物理の集大成です。ロボット工学を楽しく“体感”できる魅力的な教材とテキストを通じて、子供たちに「とことん数学・物理」好きになってもらいます。
  さらに、近い将来に日本の基幹産業になると推測されるロボット産業の活性化に貢献する人材を育成することが狙いです。

【講座の特徴3】受験対策の勉強ができる
  本講座のロボット製作実習は、中学の数学・物理の指導要領をカバーし、教科書の内容と意図的に対応付けがなされています。「好きこそものの上手なれ」と昔から言われるように、義務で勉強している子は、好きで勉強している子に勝てませんロボットの製作実習をしているうちに、いつの間にか学校の勉強内容が理解でき、受験対策の勉強ができる仕組みになっています。

ニュースリリース一覧へ戻る