ニュースリリース

  • 2013/02/15

2013年2月15日 朝日新聞、産経新聞、毎日新聞、読売新聞に紹介されました

ヒューマンスポーツエンタテインメントでは、大阪市教育委員会の要請を受けて、大阪エヴェッサのヘッドコーチであるビル・カートライト氏、選手、コーチらを、大阪市立桜宮高校に訪問させました。再建、支援として、部員47名と交流し、バスケットボールの指導にあたりました。

その際の様子が、朝日新聞、産経新聞、毎日新聞、読売新聞などで紹介されました。

記事内容
プロバスケットチーム「大阪エヴェッサ」のヘッドコーチ、ビル・カートライト氏や選手、コーチが、2月14日、桜宮高校を訪れて部員47名と交流した。部員は約1ヶ月ぶりにボールを使った練習を楽しんだ。
市教委によると、米プロバスケットボール(NBA)「シカゴ・ブルス」でマイケルジョーダンとともに活躍したビル・カートライト氏ら11人が約1時間半、パスなどを教えた。大阪エヴェッサは、市教委の要請に応え、森山知宏アドバイザリーコーチを、28日から継続的にバスケ部に派遣することも決めた。

このあとカートライト氏は記者会見し「体罰で子どもを傷つけることは許されない。部員たちも楽しそうに練習しており楽しむことが大切だというメッセージが伝わったと思う」と話しました。
 

ニュースリリース一覧へ戻る