ニュースリリース

  • 2012/11/28

2012年11月28日 日経新聞に掲載されました

記事内容(東京面):年末の衆院選、都知事選    臨時の人手確保の汗

12月16日の衆院選を控え、自治体の選挙管理委員会や人材サービス会社が人員の確保に腐心している。10月の改正労働者派遣法の施行で「日雇い派遣」の対象が狭くなり、主婦、学生に加え60歳以上のシニア層が主力になりつつある

ヒューマンタッチでは、東京都内4自治体から計1300人の事業を受託した。
都内は年末のダブル選となるため,時給は前回衆院選よりやや高い傾向。
応募者で目立つのが60歳以上や主婦。シニア層は法改正で採用が広がる気配だ

ニュースリリース一覧へ戻る