ニュースリリース

  • 2012/10/09

ヒューマンライフケア6事業所同時オープン!

2012年11月1日、グループホーム&デイサービス
計6事業所を、東京・名古屋・大阪で同時オープン!

-ヒューマンライフケア墨田グループホーム・武蔵の湯・砂町・もりやまの湯・本郷の湯・檜の湯 和郷-

 

 

 ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で介護事業等を展開するヒューマンライフケア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:庄司孝正)は2012年11月1日(木)、東京都墨田区にグループホーム、東京都江東区・武蔵村山市、愛知県名古屋市、大阪府寝屋川市に合計5つのデイサービスセンター(通所介護)を同時オープンいたします。これでヒューマンライフケアの介護施設は全国で149事業所となります。

●墨田区初の3ユニット型グループホーム
「ヒューマンライフケア墨田グループホーム」はヒューマンライフケアのグループホームとしては6施設目、都内では初となります。墨田区初の3ユニット制の建物内は階層ごとに異なるデザインテーマを設け、ご入居者様お一人おひとりの個性を尊重しながら元気な毎日をお過ごしいただける充実の介護サービスをご提供します。

●それぞれ個性豊かな、東京・名古屋・大阪5つのデイサービス
5施設同時オープンとなるデイサービスは、それぞれ個性豊かなサービスをご提供します。「ヒューマンライフケア武蔵の湯」(東京都武蔵村山市)は居宅介護支援事業所を併設した通常規模施設として、要支援の方も毎回ご入浴いただけるリフト浴付大浴場や足湯、充実のリハビリマシンを取り揃えています。
「ヒューマンライフケア砂町」(東京都江東区)は高齢者向け宅食事業を行うFCオーナーの特性を活かし、「食」にこだわる小規模デイサービスです。昼食のメニューを自由にお選びいただけるほか、季節ごとにバイキングや屋台形式などの食事イベントも開催予定です。
名古屋市内には「ヒューマンライフケアもりやまの湯」(守山区)と「ヒューマンライフケア本郷の湯」(名東区)の2施設を同時オープンします。両施設ともヒノキ造りの足湯を設置し、リラックスしながら老廃物の代謝や自律神経の安定をもたらす温熱療法を活用します。「もりやまの湯」ではリフト浴完備のパノラマ大浴場で楽しみながら安全にご入浴をお楽しみいただける他、日常生活で使う動作をスムーズに行うための生活リハビリも積極的に行います。
高齢者向け優良賃貸住宅の1階に位置する「本郷の湯」では、リフト浴完備の銭湯風大浴場のほか楽しみながら認知症予防を目指す多彩なレクリエーションに力を入れて参ります。
大阪府寝屋川市で2施設目となる「ヒューマンライフケア檜の湯 和郷(わごう)」は、近隣の直営施設と連携しながら多彩なサービスをご提供するFC店の小規模施設です。「和」をコンセプトに、温泉旅館を思わせる内装や天然ヒノキ風呂でおくつろぎいただきながら、リハビリ効果が期待できる創作活動レクリエーションをお楽しみいただけます。

各施設とも地域に根ざした施設を目指し、地域の皆様や他の介護事業所と積極的な交流を行いながら、活気ある施設を作り上げたいと考えています。ヒューマンライフケアは今後も、ご利用者様・ご家族様、そして地域の皆様とスタッフが常に笑顔で心を通い合わせられる介護サービスのご提供につとめてまいります。

特別内覧会・無料体験会 開催!
日程など詳細は下記ファイルよりご参照ください。


ヒューマングループ
広報担当 原
TEL:(03)6388-0108
FAX:(03)5925-6545

ニュースリリース資料

PDF 405 KB

ニュースリリース一覧へ戻る