ニュースリリース

  • 2010/01/12

「大阪エヴェッサ ヤングスターバスケットボールプログラム」3ヵ年プロジェクトスタート

「大阪エヴェッサ ヤングスターバスケットボールプログラム」
3ヵ年プロジェクトスタート

~サテライトチーム「大阪エヴェッサEⅡ」「エヴェッサカレッジ」「エヴェッサスクール」を設立~
 
 

 

 ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、スポーツビジネス事業を営むヒューマンスポーツエンタテインメント株式会社(本社:大阪府大阪市 代表取締役:上原光徳)が運営するプロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」は、バスケットボールの普及と強化を目的に3ヵ年プロジェクト「ヤングスターバスケットボールプログラム」をスタートします。

 3ヵ年プロジェクトでは、まずトップチーム「大阪エヴェッサ」を筆頭に、本年、トップチームへの入口としてサテライトチーム「大阪エヴェッサEⅡ」を設立。トップチーム環境下の高いレベルで技術の向上を図るステージを編成します。

 更に、16歳以上が対象となる「エヴェッサカレッジ」を2010年4月開講予定で設立します。
「エヴェッサカレッジ」では、トップチームへつながるバスケットボール業界で活躍する人材育成機関として、プロプレイヤー育成科、コーチ育成科、スポーツマネジメント科などを持つ2年制専門カレッジです。

 加えて、バスケットボールの普及と青少年育成を目的とし、大阪府下8教室で展開している「エヴェッサバスケットボールスクール」を、2012年より、小中学生対象「エヴェッサジュニアスクール」と中高生対象の「エヴェッサキッズスクール」として拡大予定です。


※3ヵ年プロジェクト概要はPDFをご覧ください。



ヒューマンホールディングス株式会社
広報担当 原
TEL:(03)5925-6557
FAX:(03)5925-6545

ニュースリリース資料

PDF 136 KB

ニュースリリース一覧へ戻る