ヒューマンビジネスイノベーション

介護・医療 2019/02/21 【輝く人】

「介護が私の天職」――。
自信をもって、そう言える日を目指して

ヒューマンライフケア小松湯デイサービス
加藤 さやか

東京都板橋区のときわ台駅近くにある「ヒューマンライフケア小松湯」は、名前のとおり銭湯を改装したデイサービスセンター(通所介護施設)。ここで介護スタッフ・生活相談員として働く加藤さやかは、笑顔と元気がトレードマーク。利用者の間でも人気者、入社2年目の加藤が、介護の仕事の魅力と今後の抱負を語ります。

大好きな祖父が倒れたことをきっかけに、介護の道を志す

加藤が介護の道に進むきっかけになった、大好きな祖父と

▲加藤が介護の道に進むきっかけになった、大好きな祖父と

大学で保育系の学科を専攻した加藤。卒業後の進路として、保育の道に進むか、介護の仕事につくか迷っていました。そんなとき、ある出来事をきっかけに加藤の気持ちが介護に大きく傾きます。

加藤 「子どものころから祖父母と一緒に暮らしている私は、大のおじいちゃん、おばあちゃん子。でも大学3年生のとき、祖父が脳梗塞で倒れてしまったんです。 幸い、祖父は麻痺などの後遺症が残らず無事回復しましたが、入院中の大変なときに私は何もできなかった――。

とても残念な思いをしました。『もしも次に祖父母に何か起きたら、助けになれるような自分でいたい』と思い、介護の仕事をしたいという気持ちが強くなったんです」

就職活動では介護職に志望を絞り、4~5社の企業見学や説明会に参加しました。しかし、入社試験を受けたのは、ヒューマンライフケア1社だけ。

加藤 「企業見学で、『ここだ!』と思ったんです。何より魅力的だったのは、見学や面接のときに出会ったヒューマンライフケアの社員の方々が、みんな明るくて笑顔がすてきだったこと。 そして、『為世為人(いせいいじん)』という企業理念。

『人を大切にしていて、ご利用者様だけでなく、働くスタッフのことも大事に考えてくれる会社だな』と感じたことが決め手となりました」

「絶対ここで働きたい!」と、小松湯への配属を希望

加藤が働く「ヒューマンライフケア小松湯」は銭湯を改装した、人気の高い施設

▲加藤が働く「ヒューマンライフケア小松湯」は銭湯を改装した、人気の高い施設

2017年4月に入社するまで、介護の経験はまったくゼロだった加藤。研修後、一日職場体験をした小松湯の温かい雰囲気と、スタッフたちの人柄の良さに惚れ込み、「絶対ここがいい!」と配属希望を出しました。
その願いがかない、小松湯で働き始めることになった加藤でしたが、最初はわからないことだらけだったと言います。

加藤 「お一人おひとり、体の状態が違うご利用者様に対して、どんな風に話しかければいいのか、どのタイミングでどこまでの介助をすればいいのか、本当にわからないことばかり。
『なれなれしい口調で話しかけると失礼かな』などと考え過ぎてうまく声かけができなかったり、送迎車の乗り降りのときに介助のやり方が合わず、ご利用者様がよろけてしまってヒヤッとしたりと、失敗もたくさんありました」

そこで加藤は、日々の業務のなかで2つのことを徹底しました。ひとつは、わからないことが出てきたらすぐに、周囲のスタッフやOJTで指導にあたるチューターの先輩社員に聞き、その場で疑問や不安を解消すること。
もうひとつは、ご利用者様全員の情報を頭に入れることでした。

加藤 「一日も早くご利用者様の名前を覚えるために、積極的に名前で呼びかけ、覚えていきました。仕事の合間にも、ご利用者様のケアプランなどをまとめた個別ファイルを読み込んだり、ご本人の性格や趣味などを先輩スタッフに聞いたり。とにかく情報を集めました」

小松湯は、ヒューマンライフケアが全国に展開するデイサービスセンターの中でも屈指の人気施設。利用されている方は1日に平均約30人、計100名以上にのぼります。
全員の名前を覚えるだけでも大変ですが、加藤は「ご利用者様、お一人おひとりのことをちゃんと理解して、いいケアを提供したい」という一心で、懸命に取り組んでいます。

加藤 「ご利用者様と接するときに心がけているのは、まずは笑顔でお迎えすること、そしてひとりでも多くの方に話しかけることです。
いろいろな話をするうちに、その方のお人柄や細かい好みなどもわかります。
『今日の体調はどう?』と尋ねたり、『現役時代はどんなお仕事をされていたんですか?』と聞いてみたり。
最初は緊張しながらでも、自分からどんどん話しかけるようにしたんです。徐々に慣れ、自然な態度で明るく接することができるようになっていきました」

ご利用者様からいただいた感謝の言葉が、私の宝物

『今日は楽しかった』と言われることがどんなに嬉しいか、介護の仕事をして初めて気づいたという

▲『今日は楽しかった』と言われることがどんなに嬉しいか、
介護の仕事をして初めて気づいたという

就職する前まで、加藤は介護の仕事に対して「大変な面もあるけれど、人の役に立てるやりがいのある仕事」というイメージを抱いていました。
しかし、実際に働いてみて、初めてわかったことがあります。

加藤 「ご利用者様から『今日は楽しかった』と言われたり、『あなたがいてくれてよかった』『ありがとう』といった感謝の言葉をいただいたりするのは、想像以上に嬉しい。それはやってみないとわからなかったこと。大学時代にはイメージすらできませんでした。
ご利用者様に喜んでいただけると疲れも吹き飛びますし、私も元気になれる。
介護の仕事は確かに大変な面もあります。でも、それ以上に嬉しいこと、やってよかったと思えることがたくさんあるんですよね」

これまでご利用者様からかけていただいた言葉で、加藤がいちばん感動したのは、入社2年目に言われた「あなたはこの仕事が天職だね」という言葉。

加藤 「そんな風に思っていただけたのが、嬉しかった。自分でも、『これが私の天職です』と胸を張って言えるようにがんばろう!と。
この言葉を思い出すたびに、パワーがわいてくるんです」

人の役に立ちたい、ご利用者様に喜んでいただきたい、そして小松湯で楽しい時間を過ごしていただきたい。
そんな気持ちで心を込めてケアをすると、その気持ちが相手に伝わり、感謝が返ってくる。すると自分も幸せとやりがいを感じて、ますます仕事が好きになる。
そんなすてきな気持ちのキャッチボールが、加藤にとって原動力となっているのです。

憧れの先輩社員を目標に、3年目に向けた新たな挑戦

「生活相談員としても、早く一人前になりたい」と語る加藤

▲「生活相談員としても、早く一人前になりたい」と語る加藤

一生懸命な加藤の仕事ぶりは、周囲からも高く評価されています。
日々の仕事への取り組みや、新人社員研修の一環としておこなわれている年4回のレポート提出などの内容が評価され、入社1年目の2017年度には上半期、下半期ともに優秀新人賞を受賞しています。
3年目に向けて、加藤はこんな目標を立てていると言います。

加藤 「私は介護スタッフと生活相談員を兼ねているのですが、生活相談員は見学対応や新規ご利用者様とのご契約、通所介護計画の作成、各サービスの担当者が集まる会議への出席など、たくさんの業務があります。
早く生活相談員として一人前になれるよう、仕事を覚えることが課題ですね。
あとは介護福祉士の資格を取得できるよう、勉強したいと思っています」

加藤が身近な目標としているのが、小松湯で働く1年先輩の女性社員です。

加藤 「笑顔がすてきで、初めて小松湯に行ったときに『この人と一緒に働きたい』と思った、私にとって憧れの存在です。OJTのチューターについてもらった際、『常に全員に目を配ること』など、仕事の上で大切なことをたくさん学びました。
先輩に一歩でも近づけるようにがんばって、この小松湯を皆でもっとすばらしい拠点にしていきたいですね」

いつも笑顔を大切に、3年目に向けた加藤の新しい挑戦が始まります。

ヒューマンライフケアのウェブサイトはこちら:https://kaigo.human-lifecare.jp/

■ 関連記事はこちら

【輝く人】ヒューマンライフケア 飯干亮揮さん:https://www.athuman.com/innovation/2019/vol68/

【Business Scope】ヒューマンライフケア VR研修:https://www.athuman.com/innovation/2018/vol38/

※2019年2月に取材した内容に基づき、記事を作成しています。肩書き・役職等は取材時のものとなります。

ヒューマンビジネスイノベーション一覧へ戻る