ヒューマンホールディングス株式会社

社員紹介社員紹介

「目の前の相手の幸せを
とことん考え抜く」
それが忘れてはいけない原点
ヒューマンアカデミー株式会社
管理本部 人材開発室
大崎 行祐 2013年入社
スピードと正確性のバランスを取りながら、
最高のパフォーマンスを発揮したい
私は、入社後2年間は営業職に従事し、その後、社内公募制度を利用して人材開発室に異動。現在は新卒採用・中途採用に携わっています。職務を遂行するうえで大事にしているのは、スピードと正確性です。人事の業務では、ちょっとしたミスも許されません。かといって時間をかければいいということでもない。スピードと正確性を両立するのは難しい課題ではありますが、キャパオーバーにならないようバランスを取りながら、他部署の社員の手本となるような仕事をしたいと思っています。仕事って自分のもののように見えて会社のものなので、時には誰かに頼ることで最高のパフォーマンスが発揮できるんです。
大崎さん
経営の根幹に関わるポジションのため、
目標意識と視点が大きく変わった
営業から人事へ勇気を出してキャリアチェンジをしたことで、大きく2つの変化がありました。1つは目標の立て方。営業時代は日々、月々の目標を追いかけていたのに対し、人事はより長いスパンで目標を立てる必要があり、目標意識が変わりました。もう1つは視点。経営の根幹に関わるポジションを担うようになったことで、視点が大きく広がったと感じています。最初は戸惑うこともありましたが、思いきってキャリアチェンジをして本当に良かったです。
大崎さん
ヒューマングループが求めるのは、
目の前のお客様の幸せを
とことん考え抜ける人
ヒューマングループでは、お客様は個人になる場合がほとんどです。それを踏まえ、“目の前の相手がどうしたら幸せになれるのか”をとことん考え抜ける人だと、やりがいを感じながら活躍してもらえるはず。私自身もそれを原点として、心に置いています。加えて、自ら行動を起こせる積極性がある人なら尚更。一緒に最高の会社を作り上げていきましょう。
大崎さん

将来の目標

大崎さん

まずは目の前の目標を確実に遂行する。将来的には仕組み作りに尽力したい

人事としての今年の目標は、第一に「2018年度の採用者数の達成」。これは何としてもやりきるべき任務であり、部署一丸となって取り組みます。個人的には現在自社の採用ホームページの改修を担当しており、会社の顔となる重要な業務を任せてもらっているため、誠心誠意臨みたいと思っています。将来的には募集をかけずとも、「ヒューマンに入社したい」と自然に人材が集まってくれるような仕組みを作りたいと考えています。